入江聖奈/両親は?家族構成やプロフィール趣味を紹介

スポーツ選手
スポンサーリンク

入江聖奈選手は東京オリンピック2020に出場したボクシング女子フェザー級の選手です。めちゃくちゃ強いんですが、オリンピックに出場してからテレビでインタビューされた時などは、大好きな生き物の話をしたり強さとは裏腹。

笑顔がとってもいい入江聖奈選手です。

今回は『入江聖奈/両親は?家族構成やプロフィールを紹介』と題して調べてみました^^

スポンサーリンク

入江聖奈の家族構成は?

入江聖奈のご両親や家族構成ってどんな感じなんでしょうね。順にみていきましょう。

入江聖奈選手の家族構成は両親と入江聖奈選手の3人家族です。

ご両親は入江聖奈選手のふるさと鳥取県米子市に暮らしていますよ。

入江聖奈の父は大工さん?母は?

入江聖奈選手の父は大工さんとして働いています。一般人ということで年齢や写真はなかったのですが、お名前は入江善昭さんということはわかっています。

入江聖奈選手の母は名前が入江マミさんと言い唯一名前だけわかっています。

入江聖奈の両親エピソード

入江聖奈選手の名前の由来は入江聖奈選手の父がF-1ドライバーのアイルトン・セナ選手の大ファンだったことからつけられました。

入江聖奈選手の父はセナ選手のことが相当大好きだったんですね^^

入江聖奈選手の母マミさんは入江聖奈選手がボクシングをするきっかけを作った人物だと言えるでしょう。

入江聖奈選手の母マミさんはマンガ『がんばれ元気』の作者・小山ゆうさんの大ファンで自宅にマンガ本が置いてありました。入江聖奈選手が『がんばれ元気』を小学2年生の時読んだことがきっかけでボクシングに興味を持ちました。

初めは親に「ボクシングをやりたい」と言い出すことができず、隠れながら漫画の見よう見まねでパンチの練習をしていた。

引用:オリンピックチャンネル

興味は持ったけれど入江聖奈選手は両親には言い出せませんでした。

隠れてボクシングの練習をするほど興味を持ったなんてすごいですよね。

これが入江聖奈選手の原点なんですね^^

母は「女の子が殴り合いをしないでほしい」と反対した

引用:gooニュース

ボクシングのマンガで入江聖奈選手が興味を持ったけれど母はボクシングを始めることを反対していました。

しかし、入江聖奈選手がの父は米子市唯一のボクシングジム『シュガーナックルボクシングジム』に父独断で入会させてくれました。

反対していた入江聖奈選手の母も知った時には気持ちは始めは複雑だったかもしれませんね。

ジムに入会後はググっと実力が伸びていきました。

最初は競技を始めることに反対していた母親も、今では良き理解者だ。

東京五輪に挑む自分を誰よりも応援してくれる。

引用:オリンピックチャンネル

東京オリンピックが開催された2021年には反対していた入江聖奈選手の母も応援してくれていてよい味方になってくれていますね^^

スポンサーリンク

入江聖奈の学歴

  • 米子市立義方小学校
  • 米子市立後藤ヶ丘中学校
  • 鳥取県立米子西高等学校
  • 日本体育大学

入江聖奈選手は小学2年生でボクシングを始めます。地元の事務に入りました。

入江聖奈選手は所属していたジムからもお祝いが来ていました。ジムの子供たちも一生懸命応援していましたね^^

子供たちのまなざしがジムからまた英雄が出てきそうで見るのによい機会でしたね^^

入江聖奈選手はジム所属時大会でよく優勝しています。

小学生では陸上の地区大会にもリレー競技で出場していました。

入江聖奈選手は体を動かすのが好きなんですね^^

入江聖奈選手の中学時代は陸上部に所属。1年生の時800mを専門とし全国中学駅伝に出場したり活躍。400m全力疾走、そして400mをさらに走る練習を積み重ねて忍耐力を付けていきました。

尚、入江聖奈選手は中学1年生の時、東京オリンピック2020の出場が決定しています。

『2020年 20歳で五輪代表に選ばれて金メダルをとる!!』

入江聖奈選手はオリンピック出場もメダルも獲得され、夢をかなえていますよね^^

入江聖奈選手の笑顔が。。。めちゃくちゃ笑顔が浮かびます。

入江聖奈選手は高校に進学しますが、小学2年で始めたボクシングは高校を卒業するまで10年間男子選手に交じって通い続けます。得意の左ジャブなどの技を磨きました。

練習量もさることながら人間力を磨くために読書も大切にしていたんだそうです。

高校1年生の時インターハイでは2学年上の並木月海(つきみ)さんに0-3の判定負けをしてしまいます。これが入江聖奈選手にとって公式戦初の黒星でした。

初の黒星をバネに練習を重ね、全日本ジュニア選手権大会を制し、高校2年、3年生ではインターハイ連覇をしました。

入江聖奈選手は階級を変更した後、並木さんと東京オリンピック内定者同士合宿では、練習などで切磋琢磨お互い励ましあって刺激を受ける仲となっています。

大学進学後、2019年世界選手権日本代表は準々決勝で敗れベスト8に終わります。

2019年12月TOKYO2020アジア・オセアニア予選、世界予選の女子代表を決めるボックスオフで、フェザー級の日本代表としてオリンピック出場することになりました。

大学では単位はすべて取り、保健体育の教員免許を取っています。

ボクシングは強いんですがあの笑顔から教員との想像が追い付かないですが、ボクシング経験から得た経験からの教師にもなれそうですね。

負けず嫌いで頑固だ、選手にとって不可欠な要素だ

大学での佐藤恒雄コーチはおっしゃっていたそうです。

入江聖奈選手はものすごく頑固で負けず嫌いなんですね、これぞスポーツ選手という感じですね。

スポンサーリンク

入江聖奈選手のプロフィール

名前:入江聖奈(いりえせな)

生年月日:2000年10月9日

出身地:鳥取県米子市

身長:164㎝

スポンサーリンク

入江聖奈の趣味/カエル好き

入江聖奈選手の大好きな生き物はカエル。自宅では『ジャイ子』という名のカエルを飼っています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

入江聖奈(@irie_sena)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

入江聖奈(@irie_sena)がシェアした投稿

小さい頃からカエルが好きってことではなかったとオリンピックの取材の時見ました。高校か大学に入ってからの友人の影響だったと。。。

そんなに好きになれるなんて素敵だなって思います。

スポンサーリンク

入江聖奈/両親は?家族構成やプロフィールのまとめ

今回は『入江聖奈/両親は?家族構成やプロフィールを紹介』と題して調べてみました。

入江聖奈選手は3人家族であること、母のマンガの影響でボクシングに興味を持ったこと、ストイックに10年以上ボクシングを続けていること、割と自身が大きくなってからカエルが好きになったことがわかりましたね。カエル探しが好きっていかにも突き詰めるところが教員って感じもしますね。

オリンピック後のインタビューで大学を卒業を機にボクシングを辞めるとおっしゃっていた気がしますが、選手として続けられる間はボクシング頑張ってほしいですね^^

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました