本田博太郎はかっこいい!妻子や演技・話し方も注目!

タレント
スポンサーリンク

本田博太郎さんは数々のドラマなどに出演され、昔から現在も活躍されている俳優さんです。

この方なしではドラマが抜けた感じになるような味のある演技と存在感の持ち主です。今回は今も現役で大活躍の本田博太郎さんを調査してみました。

スポンサーリンク

本田博太郎の若いころや演技力について

本田博太郎さんは受けた仕事は倍にして返すという信念をお持ちの方です。本田博太郎さんの作品を見ると脇にいても主役級の存在感があって出演作を見事に最後にはまとめ上げるんですよね^^

凄すぎます。

本田博太郎さんは売れない時代にたくさんの人や色々な仕事をしてきて今の仕事に経験として役を演じるうえで役に立っているのだとか。

経験してみたからこそ心のこもった演技が出来るんですね。

ご自身は俳優は『職人』であるといわれています。

俳優の仕事では求められる2倍、3倍以上にして返すのが職人だと考えがあるようです^^すばらしくカッコイイ!本田博太郎さんの決まったぜ!といわんばかりの笑顔が浮かびました(笑)

本田博太郎さんの幼いころを振り返ってみましょう。

4人兄弟の末っ子として生まれています。母親は本田博太郎さんが9歳の頃亡くなっています。4人兄弟を男で1つで父親は育ててくれました。

そんな父との思い出は一緒に映画を見ることだったそうです。

きっと映画を見たことも本田博太郎さんの役者人生へと繋がっていくのでしょうね。

本田博太郎さんは60代で亡くなった父親のお墓参りを年2回するんだとか。その時色々語りかけているそうですよ。

『父親ならどうするだろう。』父親を感じながら役を演じることも。

しっかり家族というものを大切にしていることも伝わってきますね。

そして本田博太郎さんの若いころの画像がこちら!

本田博太郎さん昭和の若い時代も時代劇も現代劇も見事に似合っていますね^^かっこいいんだから―!!すごいですね!

本田博太郎さんは2016年10月からのNHK連続テレビ小説『べっぴんさん』に出演。ヒロインの伯父役で出演しました。

朝ドラ初出演でしたが『そろそろ朝ドラに出演したいと思っていたところだ。』ベテランとして役をこなしました。

 

 

 

スポンサーリンク

本田博太郎の声のカッコよさ

本田博太郎さん見た目の渋さもさることながら、なんと言ってもが最高に渋くていいんですよね!!

低くてゆーっくりな喋り口調だったり病みつきになってしまいますね^^

絶対カッコイイです!!本田博太郎さんの

俳優という姿と声がマッチしてめちゃくちゃかっこいいです!

カッコイイばかり言ってる(笑)

スポンサーリンク

本田博太郎の妻子について

1979年本田博太郎さんがに出演します。

その時にはすでに3人子供がいました。本田博太郎さんの奥さんについては全く情報がなく明かされていませんが、結婚されたのは舞台『近松心中物語』のさかのぼって数年前にはなりますね。

健康で仕事が出来るのは妻のおかげだと語られているので、ずっと陰ながら支えてこられたのは奥さんで、本田博太郎さんを口に出してらしてすばらしい方です。きっと愛妻家なのでしょうね^^

本田博太郎さんの3人の子供の中で1人俳優をされている方がいます。

俳優の本田大輔さんです。1988年映画『がんばっていきまっしょい』でデビュー。2005年には映画『イントゥ・ザ・サン』でハリウッドへ。

2010年の大河ドラマ『龍馬伝』は重要人物の小曽根乾堂役として出演していました。坂本龍馬たちに宿を提供し、世話をし『海援隊』創設の手助けをした人物役でした。

2014年にはNHK連続テレビ小説『花子とアン』にも出演しました。

スポンサーリンク

本田博太郎のプロフィール

名前:本田博太郎

本名:本田博史

生年月日:1951年2月8日

出身地:茨城県水戸市

血液型:A型

身長:170㎝

所属事務所:マツ・カンパニー

スポンサーリンク

まとめ

若いころすぐには表舞台に立つことはなかった本田博太郎さんですが、奥さんの支えもあり真の実力を発揮されましたね。今ではドラマ、映画、CMにと欠かせません^^

あの渋い声と演技で輝く姿をもっと見せてほしいです^^

今後の活躍を期待しています。何かありましたら追記します^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました