サクナヒメPS4とswitchの違い比較!画質など天穂(てんすい)徹底調査!

ゲーム
スポンサーリンク

和風アクションRPG『天穂(てんすい)のサクナヒメ』。当初は PlayStation 4 ソフトとして発表され、のちに Nintendo Switch や PC (Steam)も対応プラットフォームに加わりました。

稲作体験がゲームでできるようです。RPGというのですか。

私はゲームに疎いですが気になったため調べてみました。

ゲーム内のキャラクターを見ているとかわいいですね。



スポンサーリンク

どんなゲーム?

2020/11/12発売の「天穂のサクナヒメ」というゲームのです。

主人公は武神と豊穣神の娘であるサクナ。家の財産を食いつぶす生活を送っていますが、ある日、トラブルを起こした罰として、鬼が支配するヒノエ島の調査を命じられることなります。

探索と稲作を繰り返し、ヒノエ島で鬼退治。

鬼が支配する「ヒノエ島」を舞台に豊穣神サクナヒメが大暴れし、縦横無尽な爽快アクションが楽しめるもの。

田起こし→田植え→収穫→脱穀→籾摺りという一連の稲作の行程が体験できるそうです。本格的すぎる米作りが話題になっています。

そしてゲーム内に「米づくり」があり、田起こし、田植え、収穫など一つ一つの工程を丁寧に行い良い米を収穫すると、豊穣神サクナが強くなるらしいですよ。

稲作がリアルでゲームになるってどんな感じなんだろう。

スポンサーリンク

Switch、PS4での違いは?

Switch、PS4でできるようですね。それぞれ違いはあるのでしょうか?Twitterなどでみてみましたが、違いがあるのか分からないからSwitchを買おうとか買ったとか意見がありました。

PS4版とSwitch版でゲームシステムに違いはありません。

ただ本的にPS4版の方が画質が高いです。

Switchはコンパクトで持ち運びに便利。PS4は大画面で楽しめるといったところが大きな違いになります。

両方でプレイしたわけではないので 比較できませんが 画面揺れはあります 。

戦闘時は横スクロールなので揺れませんが 移動する度に勝手にアングルが横に回るので

最初は酔すそうですが、すぐに慣れます。 縦に揺れる事はありません。

アクションゲームが苦手でも大丈夫です 戦闘や稲作は難易度設定で一段下げる事が可能で、米を何度も作っていれば勝手にLVが上がって強くなります 適当に戦っても敵を倒せるようになります。

まだPS5ではソフトは出ていないようです。SwitchとPS4はどちらもダウンロード版ありでPS4はダウンロード版デジタルデラックスというのも購入できるようです。

希望小売価格

Nintendo Switch™ 
パッケージ限定版 6,980円+税
通常版(パッケージ/ダウンロード) 4,980円+税
PlayStation®4
パッケージ限定版 6,980円+税 
ダウンロード版デジタルデラックス 6,980円+税
通常版(パッケージ/ダウンロード) 4,980円+税

スポンサーリンク

画質比較!!

やはりPS4の方がswitchよりも圧倒的に画質がいいという意見が

ありました。

Twitterにもたくさん感想が出ているので

見てみると楽しいですね。

スポンサーリンク

まとめ

本格的な稲作をして強くなっていくのですね。

和風RPGサクナヒメ何だか楽しそう!ゲームで稲作の勉強もできちゃうんでしょうか。

子供にも意見を聞いてみようかな?

興味わかないかな?ゲーム好きなはずなんだけど、流行るのかな。

本格的なゲームだから大人が長くやっている

ゲームのようですね。

今後見守っていきましょう!

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました