花野井くんと恋の病を実写化するなら誰が適役?キャストのまとめ

※本記事ではアフィリエイト広告を利用しています
エンタメ
スポンサーリンク

花野井くんと恋の病を実写化するなら誰が適役なのでしょうか。

『花野井くんと恋の病』月刊デザートにて大好評連載中です。うちの子も好きで最新刊までコミックを持っています。

1巻から14巻(2023年11月13日発売予定)までコミックが発売されています。

1巻なんてマンガなのに無理やり読み聞かせをさせられました(笑)

おかげでセリフの感じも1巻や登場人物はうちの子供風。。。耳から離れません(笑)

今回は『花野井くんと恋の病を実写化するなら誰が適役?キャストのまとめ』と題して花野井くんと恋の病を実写化するなら誰が適役?キャストなど調べてみました。

スポンサーリンク

花野井くんと恋の病実写化適役予想キャスト

花野井くんと恋の病実写化適役予想キャストを見てみましょう。

『花野井くんと恋の病』がもし実写化されたらと思うときになるのが誰が花野井くんの役をするの?ほたる役は誰?ってことが気になりますよね!

2巻以降は私も自分で読みましたので、気にはなります(^^)さて主人公の2人は誰になってほしいか予想してみました。

花野井くん役は?

学校一かっこいいといっても過言ではないイケメンな男子高校生です。

一筋で愛情深い重い愛情表現の人物。

人と接するのが苦手。

優しくて徐々に心を開いていくような感じのところがあるのと目力がある人に演じてもらいたいなと思います。

  • 岡田健史さん
  • 永瀬廉さん
  • 伊藤健太郎さん

きっと他にもいるはず、実写化してほしくなーーーい!って声は原作好きからすると声が上がりそうですが、実写化するとすると、どの方も良いなと思いますよ。

ほたる役は?

ほたるはまっすぐで純粋で優しい女の子。

天然とはまた違ってしっかりしている部分もあります。

  • 井頭愛海さん
  • 山口まゆさん
  • 清原果那さん

こんな感じでほたるのもし実写化になったら。。。のキャストの名前が挙がっていますよ。

スポンサーリンク

『花野井くんと恋の病』ってどんな作品?

現在は14巻(2023年11月13日発売予定)まで発売されています。

読んでいると心温まるホンワカした気持ちになれるコミックです。

花野井くんとほたるの2人きりの時が一番ホンワカしますね^^


スポンサーリンク

花野井くんと恋の病を実写化するなら誰が適役か気になるあらすじ

ヒロインの日生ほたるは高校1年生。

恋愛に疎いというか恋愛に無頓着な女の子。

食べることが大好き、人が大好きで人を包み込む温かさを持った穏やかな女の子です。

ほたるは友達にも家族にも恵まれ小さな幸せに喜びを感じ、穏やかな日々を大切に生きています。

ある日隣のクラスの花野井くんの失恋現場を目撃したほたる。帰り道に雪の中傘もささずベンチに座り込んでいる花野井くんを見かけたほたる。

思わず傘を差しだします。

次の日、ほたるのクラスに来た花野井くんはクラスで堂々とほたるに告白します。

ほたるは丁重に断りますが、花野井くんはあきらめずほたるに猛アピールをします。

  • ほたるが短い髪がいいといえば花野井くんは翌日には短髪に。
  • ほたるが頼んではないけれど食べたいと言っていた名物豚角煮まんをゲット。
  • ほたるが校庭で無くしたヘアピンを雪が降る夜1人ひたすら探す。

など愛の重たい花野井くんです。

恋愛経験のないほたるにとっては重い愛とは感じられず、ほたるに優しい花野井くんにほたる自身惹かれ始めます。

『なんで私だけ、みんな知っている恋する気持ちを知らないんだろう。』

ほたるの気持ちを見透かすように『ほたるもいつか絶対、特別な誰かを好きだと思う日が来る。』

花野井くんの温かい言葉を聞きお試しからですが、ほたるは花野井くんと付き合い始めました。

恋を知らない女子ほたると愛の重たい男子花野井くん。

少しずつ少しずつ始まっていた2人の恋の行方はどうなるのでしょうか^^

スポンサーリンク

花野井くんと恋の病を実写化するなら誰が適役?キャストのまとめ

今回は『花野井くんと恋の病を実写化するなら誰が適役?キャストのまとめ』と題して花野井くんと恋の病を実写化するなら誰が適役?キャストなど調べてみました。

少女漫画を子供が読み始め友達とも貸し借りを始めました。

女の子してるな~なんてほほえましく見守っています。

これいいよ!ってごり押しして無理やり読まされることもあります。

とっても花野井くんの愛情表現が重たいですが、ほたるの雰囲気で中和されていい感じのコミックになっています。

読んでみると純粋にキュンキュンしますので読んでみてくださいね!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました