ヤマザキマリ/学歴と経歴!家族についてまとめてみました

タレント
スポンサーリンク

映画化もされたテルマエ・ロマエ漫画でも人気ですね。その漫画を描いたのがヤマザキマリさんです。テレビなんかで拝見したときただ漫画家っていうのではないような人だなぁといった印象でした。

そんなヤマザキマリさんについて『ヤマザキマリ/学歴と経歴!家族についてまとめてみました』と題して調査してみました!

どんな方なのでしょうか^^

スポンサーリンク

ヤマザキマリの学歴と経歴

ヤマザキマリさんは東京で生まれ、北海道で育ちました。

その後の運命を決めることになったのが14歳の時に初めて海外旅行をしたことだと言われています。

なぜ一人で海外旅行をすることとなったのでしょう。

結論から言うとヤマザキマリさんの母親が仕組んだ旅だったようです。

ヤマザキマリさんが『絵描きになりたい。』といったことに対して、ルーブル美術館の絵を見ることで『こういう絵が描けるのか?』自覚させるためだったとか。

ヤマザキマリさんには母親の友達に自分が届けられず、代わりに娘に行かせたことになっています。

それにしても『絵描きになりたい。』との娘のことに対しての母親の行動も行くヤマザキマリさんどちらもすごいですね。

自分なら中学生の子供を1人で出国させるって無理です。。。

自分がついていっても役に立ちませんが勇気のいることでしょう。

ヤマザキマリさんはというと中学生。行った先で行き詰まることもありながら旅を続け、家出少女に間違われたことも。

誤解は解けたものの始め出会ったおじさんに説教も受けたヤマザキマリさん。当時163㎝身長があったヤマザキマリですが10歳くらいに見えたそうです。

説教をした相手がマルコじいさんという方、その出会いをきっかけに日本にいるヤマザキマリの母親とマルコじいさんがメールでやり取りを始めます。

ヤマザキマリさんはその後北海道の高校へ進学しますが、絵描きになりたい強い希望があったため、イタリアのマルコじいさんと誘いと母親の後押しで高校を中退し、イタリアへ留学しました。

夢というかやりたいことが強くはっきりしていて行動力が素晴らしいですね!!

スポンサーリンク

ヤマザキマリの夫の職業や子供について

ヤマザキマリさんはイタリアに留学し、お隣に暮らしていた詩人の方と10年以上お付き合いがあり一緒に暮らしていました。

詩人とは言いつつも働いていない人と付き合っていたのでマルコじいさんも心配していたようですが、詩人の方との子を妊娠。

妊娠を機に自分が養うことを考えて詩人とは別れます。

1996年イタリア生活を描いた漫画でデビュー。

漫画家として順調に成功!今に至っています。

ヤマザキマリさんの人生はすごい!

2002年マルコじいさんのお孫さんのベッピーノさんと結婚しました。

14歳差の年の差婚。旦那さんのほうが年下。。。ヤマザキマリさんが留学した時3歳だったとか!!驚きです。

ローマ帝国の皇帝をすべて間違いなく言える旦那さま。ヤマザキマリさんはそんな旦那さんと話が合ったそう。

旦那さんの仕事に合わせて各国転々と生活されていました。

ものすごく波長が合ったお二人なんですね^^

 

スポンサーリンク

ヤマザキマリの夫の職業

旦那さんの職業は文学研究者でシカゴ大学に行っていたり、エジプトに留学をしていたり現在はイタリアに居住されているとか。

ヤマザキマリさんの子供さんはハワイの大学生で将来はエンジニアになりたいそうです。

とても現実ではないような話です。異次元の世界のようですね!

でもとっても素敵な生活ですね。

スポンサーリンク

ヤマザキマリの母親が面白い^^

ヤマザキマリさんの母親は交響楽団のヴィオラ奏者の山崎量子さん。指揮者であるヤマザキマリさんの父親と結婚しますが死別。

その後母親は再婚ヤマザキマリさんに妹が出来ますが再婚相手とは離婚。

ヤマザキマリさんの母親はシングルマザーとして娘二人を育てました。

シングルマザーとして子供を育てること自体もただすごいに尽きますが、14歳のヤマザキマリさんを度胸試しのように海外へ行かせるなんて一般家庭なら思いもつかないかもしれませんね。

母方のヤマザキマリさんにとって祖父ですが大正時代11年ほど仕事の関係でアメリカで生活していたことやヤマザキマリさんの母親が通っていた学校はフランス系の学校で戦前でも日本のような考え方がない環境で育ったんだとか。

きっと影響はありますよね。

ヤマザキマリさんは子供の頃に母親に『こうしなさい』と言われることがなく置手紙には『遊びに行く前に宿題をやってからのほうが多いに遊べます』と親の考えを押し付けられずに育ちました。

ヤマザキマリさんの高校中退も認め、未婚の母も14歳年下の人との結婚を容認したり。肝が据わっていますね。

ヤマザキマリさんの母親も交響楽団の奏者ということでしたので幅広く人と付き合うことや、海外に出向くことに全然抵抗がなかったのかもしれませんね。

人のことだ思えば面白く楽しいお母さんですね^^

 

スポンサーリンク

ヤマザキマリのプロフィール

氏名:ヤマザキマリ

生年月日:1967年4月20日

出身:東京都

学歴:イタリア国立フィレンツェ・アカデミア美術学院卒

肩書:漫画家、文筆家、東京造形大学客員教授

所属事務所:株式会社CRG(クリエイティブ・ガーディアン)

受賞歴

2010年:マンガ大賞

2012年:第14回手塚治虫文化賞短編賞

2016年:芸術選奨文部科学大臣新人賞

2017年:イタリアの星勲章

スポンサーリンク

ヤマザキマリ/学歴と経歴のまとめ

今回は『ヤマザキマリ/学歴と経歴!家族についてまとめてみました』まとめだけどまとめられないような、現実だけど日本離れしすぎな人生を歩まれたヤマザキマリさんきっと今は、というかいつも幸せそうな感じもしますね。

逆境があっても逆境に感じないパワーがありそうな人です。

プラス思考な感じがしますね^^

なんだかほんわかした感じな人で好感が持てますね。

これからの益々の活躍を期待しています!

コメント

タイトルとURLをコピーしました