台風のたまご2022発生予想!生まれやすい時期や条件を紹介

ママの気になる情報
スポンサーリンク

台風のたまご2022発生予想をしてみます。

台風のたまご2022年の1号は例年より遅く4月に出来たことがわかっています。

台風の生まれやすい条件も気になりますよね。

今回は『台風のたまご2022発生予想!生まれやすい時期や条件を紹介』と題して台風のたまご2022発生予想!生まれやすい時期や条件などを調べてみました。

スポンサーリンク

台風のたまご2022発生予想!

台風8号(メアリー)は2022年8月14日21時、北海道の東で温帯低気圧に変わりました。

現在は次の台風となりそうな台風9号のたまご(熱帯低気圧)は発生していません。

今後の台風情報に注意しつつ、注意報や警報をもとに慎重に行動しましょう。

スポンサーリンク

台風のたまご2022生まれやすい時期

台風のたまごが生まれやすい時期は6月~11月

逆に台風のたまごが生まれにくいのは2月中旬です。生まれにくいのであって、台風は1年中生まれています。

スポンサーリンク

台風のたまご2022生まれやすい条件

台風のたまご2022生まれやすい条件を見ていきましょう。

  • 海面辺りの水温が26~27℃以上
  • 低いところに水蒸気をたくさん含む空気がある
  • 上空に冷たい空気がある
  • 緯度5度くらいから北極・南極側(赤道直下ではないところ)コリオリの力が働くところ

台風とは17m/秒よりも速度の速い風が吹く熱帯低気圧

台風のたまご』は17m/秒よりも速度の遅い風が吹く熱帯低気圧ですが17m/秒よりも速度が速い風が吹くようになるかもしれない熱帯低気圧のことになります。

なんだかめちゃくちゃわかりやすい説明ですね^^

スポンサーリンク

台風のたまごを見つける方法

台風のたまご』というのは北半球統計100度~東経180度で生まれる熱帯低気圧のことなんだとか。

北半球なら反時計回り』という熱帯低気圧の特徴があります。

Windy.comというサイトもあります。北半球に現在いるということなら左回りつまり反時計回りに動きている風を見つけるとわかるでしょう。

  • 反時計回りに風が吹いている
  • 雷マークがある
  • 雨雲が赤色に発達している

上記の3つの条件に当てはまると、『台風のたまご』が生まれている可能性が非常に高くなっています。

わかりやすい条件ですね。素人には簡単に見つけられる気がしませんが、見つけたくなりますね^^

スポンサーリンク

台風のたまご2022発生予想!生まれやすい時期や条件などまとめ

今回は『台風のたまご2022発生予想!生まれやすい時期や条件を紹介』と題して台風のたまご2022発生予想!生まれやすい時期や条件などを調べてみました。

台風の発生予想を見てみましたが、台風のたまごが生まれる条件を知ればお天気動画を見ながら見つけられそうな気がします^^

これから夏本番です。台風の発生も気になりますが、台風の被害が少なく済むよう備えましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました