キャンプのための山林購入・本当に覚悟は大丈夫?

話題
スポンサーリンク

今、キャンプブームで山林を買う人が増加しているようです。

人ごみを離れて、また親しい人とだけで楽しい空間を共有出来たらと考え購入に踏み切る人がいるのではないでしょうか?

どんな人が買ったりするのか見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

どんな人が山林を購入するの?

最近の芸能人や外でゆったり気兼ねなくできることも手伝ってか個人や家族でキャンプをするのが人気なようです。

キャンプ回数が増えるとどこでも気兼ねなくできるようになればとテレビなどの影響のあって山林を買ってみよう。しかも

数十万円で買えたりする。どんな人が買うのかというと個人の方が増えてきているようですよ。

スポンサーリンク

メリットとデメリット

メリット

どこのキャンプ場へ行っても最近はブームに乗り混みあっている。普通にゆったり落ち着いてキャンプが出来なくなっている。予約も取りにくい。

ただ単純に自分の山を持っていれば好きな時に親しい友人と。家族と。自由に楽しむことが出来る。

デメリット

しかし、広くて安くて手を出しやすいだけで購入を決めてしまうと後々後悔することに。例えば購入した土地に行く道が実際はキャンプ道具を積んだ車では通れないほど細く険しい道であって入りにくかったり。土壌が汚染されていたり、水道が引けない土地であったり、建物が建てられないほど手入れがされていなかったり。安ければそれだけ理由があるでしょうね。

スポンサーリンク

まとめ

やはり数十万円で山林が買えるとはいっても、購入の際はきっちり不動産屋さんや仲介屋さんに入ってもらい、どういう用途で使いたいのか明確に伝えて相談に乗ってもらって本当に購入するかどうか決めたほうが良いでしょう。

勢いで買うと山林の手入れをせず放置になることもありえます。山で火を使かい山林火災になることもありえます。

安易に買ったけれど売却したいときには買い手がいないということもありえます。

しかし、キャンプなどはデメリットだけではありません。

ここに来れてやはり幸せだな、心地いいなといえるような

場所をぜひ見つけてもらいたいと思います。

素敵な土地がみつかるといいですね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました