コロナ/おうち時間の過ごし方

お得情報
スポンサーリンク

2020年-2021年コロナが流行り、連日新規感染の方が減るどころか

増えていき都心から離れている地方でも不安になります。

少しでも不安要素を減らそうと不要不急の外出を避け

家にこもる人が増えていますよね。

スポンサーリンク

ステイホームになって

生活様式がガラッと変わりましたね。

人との距離をとらないといけないなんて。。。

私は人に酔うし1回旅行へ行けばしばらく行かなくても平気な人なんですよね。

決まった時期に決まったところへは行けるんですけど。

例えば学校のように、会社のように毎日行くために出る。

何か月も前から予約してある用事には出かけられるんですよね。

だから2020年の緊急事態宣言は未知のウイルスに移りたくないと触るもの触るもの

消毒したりして多少の不便はありましたが

自分自身家にこもること自体は不便は感じていませんでした。

主人が休日になった時の外食の誘いがたまには良いのですが

毎回土日のどちらかに誘われるんですから2020年の初のステイホーム中は

すごくストレスが減りました。

私一人としてはですが。。。

スポンサーリンク

2020-2021年おうち時間の過ごし方

子供がいると話は別、ただ毎日宿題もなく過ごせるわけではありません。

学校の先生が2020年の緊急事態宣言の際は最善を尽くしてたくさんのプリントなどを

用意してくださいました。

個々の家を回るのは仕事といえど大変なことだったでしょうね。

しかし、今までにない緊張感で毎日の宿題回収があったため

子供は宿題を規則正しくすることが出来ました。

我が家の話になりましたが、ここからはコロナ禍のおうち時間の過ごし方を紹介します。

楽しく子供とおうち時間

おうち時間そう聞くだけでは楽しい時間のよう。。。

ですが自宅にいなければならないのですが、家にこもっている間

家族とテレビを観たり、3食のうち数回いつもより一緒に食卓を囲む機会が

増え、個室にこもる時間はあっても家族との会話はいつもよりは増えます。

ダラダラ過ごすことはあっても

暖かい季節なら自宅の外に子供と出て、プランターの土いじりをしたり、サッカーボール、バレーボール、バトミントン、キャッチボールなど長期になればなるほど広くなくても敷地内ではあっても外で遊べます。外に出ることだけで楽しいです。

家の中でダラダラするだけでは退屈で料理を一緒にしようと声をかけると

男女関係なく配膳や少しの料理なら一緒にできますよ。

おうち時間で困ること

個々の部屋にこもりやすいですね。ゴロゴロして運動不足になりやすいです。

子供たちが入れば家の中でも鬼ごっこをしたりして勝手に遊んだりしてくれる子供ありますが

子供同士喧嘩をしたり、大人の方も子供に静かにしたほしかったり、

普段目のいかないことにも目が行き、意見がぶつかることが多くなることも。

また、自宅にこもっているので光熱費がかかってきます。

夏よりも毎年冬の方が光熱費がかかっている気がするので

本当に必要なところ以外では光熱費に気を付けたいところですね。

あと、食費も結構かかりますね。

早寝早起きといったような1日や曜日ごとのルーティンを考えておくのも

良いでしょう。

意外にいざ普通に生活を始める。

夏休み冬休み明けのように体が通常運転できるようになるまで

時間を必要とします。

ルーティーンを決め体を動かしておきましょうね!

スポンサーリンク

おうち時間のストレス発散方法

家族がいるなら一人一人に人格があります。

家族で楽しく過ごせたらそれに越したことはないですが

一人になって考えたい自分の時間が欲しい時だってあります。

イライラを人にぶつけてしまうときもあります。。。でも一息おいて深呼吸。

  • イライラや悩みをノートに書き出してみる
  • 外の空気を吸う。
  • 自然の緑に触れる。

そしてこもってるときに一番大事なのは

『家族に相談すること。』

いいことも悪いこともけんか腰にならずに落ち着いて話し合うことそれが快適に

ストレスを減らしおうち時間をを過ごすコツで、理想ですね。

2021年もまた緊急事態宣言が出されました。

2020年の時とは違うこと

それは全員家にいてください!

と、言うのではなく

平日は子供は学校へ行けること

これは大きく違います。

学力の面で見ても、親子間のストレスにしても違ってきます。

それぞれの年齢いるべき場所が本来ならあるその歯車が狂うと

緊急性があっても誰もが辛いですね。

コロナが落ちていて欲しい

そう願います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました