緒方良行/高校やプロフィール出身地を調査しました!!

緒方良行 スポーツ選手
スポンサーリンク

2020年東京オリンピックで正式種目となったスポーツクライミング。

  • ボルダリング(高さ4メートルの壁を制限時間内にいくつ登れるかを競う)
  • リードクライミング(制限時間内に高さ12メートル以上の壁のどの地点まで登れるかを競う)
  • スピードクライミング(同じ条件で設置された高さ12メートルの壁を2人の選手が同時に登り速さを競う)

この3種目から成り立っていますよ。

この中でも主にボルタリングで活躍をしている緒方良行選手。

緒方良行に注目して調べてみました!!

スポンサーリンク

緒方良行の出身中学高校や大学は?

出身中学は屏水中学校、出身高校は福岡県立明善高校、出身大学は神奈川大学になります。

緒方良行選手は小学5年生の時、テレビで放送されたボルタリングに興味を持ち、地元福岡久留米市にあるクライミングジムの体験に参加しました。

魅力を知った緒方良行選手はジムに通い続け久留米市の屏水中学校在籍中から国体へ出場を果たしました!

中学卒業後は進学校の福岡県立明善高校に入学。

進学校のため睡眠時間を削りながらも、遠征先でも勉強は欠かさずクライミングと両立。

高校3年生の時にスポーツクライミングが東京五輪の追加種目になることが決定。国立大学進学を目指し勉強を続けてきた緒方良行選手でしたが、この年世界ユースで優勝したこともあり、スポーツクライミングの道へ進むことを決めます。

両親にも背中を押されたことをきっかけに高校卒業後はクライミングに力を入れている神奈川大学に進学しました。

スポンサーリンク

緒方良行のプロフィール

名前:緒方良行

生年月日:1998年2月4日

出身地:福岡県久留米市

現住所:神奈川県横浜市

身長:171cm

体重:54kg

競技団体・種目:スポーツクライミング

所属先:神奈川大学

スポンサーリンク

緒方良行競技の成績は?

緒方良行選手の経歴を見ていきましょう。

国内大会

・2015年3月クライミング日本ユース選手権

ユースA男子リード 優勝

・2016年10月国民体育大会、岩手県

成年男子ボルタリング2位

・2017年3月日本選手権リード競技大会2017

男子リード3位

・2018年第1回コンバインドジャパンカップ

男子コンバインド3位

・THE NORTH FACE CUP 2019

男子D1 優勝!!

国際大会

・2015年8・9月 IFSC世界ユース選手権 アルコ2015

ユースA男子ボルタリング 優勝

・2017年6月 IFSCクライミングワールドカップ ベイル2017

男子ボルタリング 3位

・2017年7月 ワールドカップ2017

男子ボルタリング 優勝

・2017年8・9月 IFSC世界ユース選手権 インスブルック2017

ジュニア男子ボルタリング・リード 優勝

・2018年11月 チャイナオープン 広州2018

男子ボルタリング 優勝

・2019年4月 ワールドカップ モスクワ

男子ボルタリング 3位

・2019年5月 スピードスターズ

日本新記録樹立

 

スポンサーリンク

まとめ

かなりの勉強熱心なところとクライミングにストイックなところ努力もかなりされています。クライミングにはかなり頭を使うということで、文武両道両立されてきた緒方良行選手にはぴったりの種目ですね。

オリンピックに向け内定ということで存分に力を発揮し調整をしてトライしていってほしいと思います。

緒方良行選手に注目していきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました