新谷仁美/性格はきついのか?プロフィールも紹介

スポーツ選手
スポンサーリンク

先日テレビで初めて新谷仁美選手をテレビで拝見。

楽しそうに会話をする方だな~。

気になったため、新谷仁美選手について調べてみました。

スポンサーリンク

新谷仁美の性格はストイック?

日本の女子陸上の長距離選手で「駅伝の怪物ランナー」

ともいわれている新谷仁美選手。

新谷選手は、競技に対してストイックです。

プライベートでは難ありの性格だと自身で認めていることで話題になっています。

今回は新谷選手の性格について掘り下げていこうと思います。

仕事に対してはストイック

新谷選手は仕事に対してはかなりストイックなんだそうです。

本番のレースでは、体を少しでも軽くするために腕時計やネックレスは

絶対に着用しないというこだわりを持っています。

更に、新谷選手は爪にマニキュアを塗っただけでも体が重く感じるのだそうです。

いかに本番でのコンディションを大切にしているのかが分かりますね。

こだわりがあって体も敏感になっているのでしょうね。

日本代表選手時代の監督を務めていた小出義男さんもそのストイックぶりを認めているようです。

燃え尽きてしまったのかな。あそこまで自分を追い込める選手はそうそういない。

新谷選手は自身が目標としていたメダルを獲得できない結果に終わったため、

2014年1月には突如現役から引退を決断したことが報じられたときのコメントです。

自分自身が燃え尽きるまで、「絶対にメダルを獲ってやる!」と

ストイックに練習に打ち込んでいたことを物語っています。

きつい性格をしている?

新谷選手は競技に対してストイックなあまり、他人に対してきつい発言をしないようにと気を付けているということを語っています。

「私の性格や発言が強すぎると、チームが壊れちゃうので、そこは私が気をつけなければならないところ。」

引用:note 新谷仁美らしいやさしさ

新谷選手は、他人から見て本当にきつい性格をしているかどうかは分かりませんが、

自分では自覚しており気を付けようと心掛けているようです。

まだ自分の性格を客観的に見れているだけでも、いい方だとは思いますが…

スポンサーリンク

恋人に求める条件も高すぎるw

新谷選手はテレビなどに出演し、ユーモアで「彼氏が欲しいキャラ」

話題になっているようです。

実力があって楽しい方っていうのが面白いです。

新谷仁美は彼氏が欲しいキャラ?

テレビ番組「ジョブチューン」に出演した際は乙女心に溢れた発言で周囲のウケをとりました。

「世界陸上は婚活が理由で出ました。テレビに顔が映るように、2位で走っていた時は1位の選手の横に少しずれて走っていました。」

「金メダルより彼氏が欲しい」

引用:Wikipedia

また、関テレ「こやぶるSPORTS」に出演した際は「恋人が欲しいんですが…」という悩みを暴露。

そんな乙女な可愛らしい性格の新谷選手ですが、恋愛面でも応援したくなりますよね!

恋人に求める条件も高い?

そんな彼氏欲しいキャラで話題になっている新谷選手ですが、

恋人に求める条件も少し高いようです。

2013年「モスクワ世界選手権」では「好みはイケメン、金持ち、年上

世の男性をとりこにするような走りをしたい」と意気込んで出場しています。

ポジティブな性格の新谷選手は素敵ですが、

「イケメン・金持ち」の男性はごく一握りの男性だけなのでなかなか恋人に

求める条件が高いといえますね。

新谷選手は世界が注目する東京五輪の出場予定選手なので、

新谷選手も見て一目ぼれした「イケメン・金持ち」男性がいれば、

叶わなくもない夢かもしれませんね。

言動が飛んでいる。。。

新谷仁美さんは、その言動が飛んでいる?と言うことが話題になっていますね。

2013年の世界陸上モスクワ大会の時のインタビューでも、

目標のメダル獲得を果たせなかったことから、

レース後のテレビ向けのインタビューでは、

悔し涙を流しながら

やっぱりメダル獲らなければ、この世界にいる必要無い気がするので…」と語る程、

勝負、結果にこだわりがあるんですね!

そして、世界陸上モスクワ大会以降は、右足裏の故障悪化などで

公式レースから遠ざかっていました。

翌2014年には、突如現役からの引退を決断したことが報じられ東京都内で記者会見を開き、

陸上競技選手としての引退を表明しました

ところが負けず嫌いの新谷仁美さんはそのまま消えるわけには行かなかったのですね!

2018年6月9日日体大(健志台)長距離記録会で5年間のブランクを経て、NIKE TOKYO TC所属で新谷仁美さんは復帰します。3000mで9分20秒74で走りました。

新谷仁美 引退から復帰。東京オリンピックを目指す!

引退したのは2014年。。その引退理由は何だったのでしょうか?

実は引退を発表する前の年の2013年。

モスクワで行われた世界選手権の10,000mに出場します。

走りは素晴らしく5位入賞を果たし、メダルまでもう少しのところまで行ったのです。

引退後は一般の企業で事務職として働いていたのですが、

やはり物足りさが出てきたのかも知れません。

その頃ナイキから「プロの契約」について話が舞い込んできたそう。

この時は走ること以外になにもできない自分に気づかされた時期でもあり、

競技復帰への道を選んだのです。

そんな電撃「復帰」から2年が経ち、

復帰後に実績も積み現在は良い状態になっているそう。

あと半年後の東京オリンピックで新谷仁美の走りが見てみたいですね。

先日TBSの番組に安住アナ司会で出演していた時は逸話を話されていました。

社会人になり、新人の時に

「小出監督にマラソンを教えてもらいに来たんです。」と、

小出監督に直接言いに行き弟子入り。

「素質あるよ。必ず頂点いくよ。」

のようなことをいわれたようです。

新名選手は第1回東京マラソンで初マラソン初代優勝者です。

初マラソン初優勝した新谷選手ですが、

マラソンにセンスがあったように思われましたが、

2時間30分を切れなかったことで、切り替えたのですが

マラソンを続けなかったことについて発言をしています。

42kmイケメンが並んでいたら別

と発言されていました独特の世界観ですね。

戦いの場を10000mを選んだ新谷選手ですが、勝負をかけて挑んだ

世界選手権大会では思う結果が出ず、

メダルも取れずプロとして失格ということで25歳で引退を決意。

引退後は一年に一回復帰の噂があった新谷選手。

2017年29歳の時に現役復帰。

復帰戦は5年ぶり小さな大会

手書きの背番号「30」

新谷選手は「年齢か!」などと突っ込んでいました(笑)

そして2020年1月に行われたハーフマラソンにて1時間6分38秒の14年ぶりの日本新記録を樹立。

2020年12月4日に行われた

10000mの日本選手権。

スタート前には緊張するも

号砲が響けば異次元の走り

3000m付近では日本記録を上回るハイスピードな走りで

28秒縮めての18年ぶり日本記録更新の30分20秒44の記録を出し

東京オリンピック代表の座を手にいれました!

大会終了後

『新谷半端ないって(新谷選手の顔)』と書いてある日本国旗を手に

「ちょっとブスじゃない!?

もうちょっと可愛くない?」

と言っていたり、

終了後の会見では

「トラックの長距離ではアフリカ勢の強さが引き立っているのでギャフンと言わせたい」

語っています。

また共に戦ってくださった

横田コーチにも負けた時は。。。

と、プレッシャーをかけていたようです(^-^)

新谷選手節が炸裂していました(笑)

スポンサーリンク

プロフィール

本  名:新谷仁美( にいや ひとみ)

愛  称:にいやん

国  籍:日本

生年月日:1988年2月26日

出身地:岡山県総社市

身  長:166㎝

体  重:44㎏

競  技:陸上競技

種  目:長距離走

所  属:NIKE TOKYO TC

自己ベスト

1500m:4分22秒75(2005年)

3000m:9分08秒86(2005年)

5000m:15分10秒20(2012年)

10000m:30分56秒70(2013年)

ハーフマラソン:1時間11分41秒(2008年)

マラソン:2時間30分58秒(2009年)

全国高校駅伝にてエース区間と言われる第1区で3年連続して区間賞を獲得

2007年 東京マラソンで女子の部・優勝

2011年 アジア選手権5000m 銀メダル獲得

2012年 日本選手権5000mで優勝 ロンドン五輪出場決定

2012年 ロンドン五輪9位

2013年6月7日 日本選手権10000mで独走V 世界選手権(モスクワ)代表内定

スポンサーリンク

新谷仁美 まとめ

今回は新谷仁美選手の性格について調査していきました。

  • 練習やレース本番では結果を出すためにとてもストイックな面がある。
  • 自分の性格がきついことは自覚していた。
  • テレビなどに出ている際は、彼氏が欲しいキャラで話題になった。
  • 好みの男性のタイプは「イケメン・金持ち・年上」

キツイ性格と言うより楽しく素直で真っ直ぐな方ですね。

自分をしっかり持っていて

努力家な方ですね。

東京オリンピック活躍され

またどんな発言が出てくるのか楽しみにして、応援しましょう!

また、新しい情報が入り次第、追記させていただきます。

新谷仁美が“日本新記録V”後に語った秘話 圧巻優勝の裏に隠された大切な「約束」 | REAL SPORTS (リアルスポーツ) | スポーツの”リアル”を伝える

陸上好きな自分としてはめちゃ興味深い記事でした😊👏 https://t.co/yIhO42e3Wy

— 渡邉三城 (@mitsuki0906) December 18, 2020

コメント

タイトルとURLをコピーしました