村上めぐみ/バレー(ビーチ)は結婚は?家族やプロフィールまとめ

スポーツ選手
スポンサーリンク

砂浜で白熱の試合が繰り広げられるビーチバレー。ビーチバレーといえばとても夏というイメージが強いです。2人対2人で戦うスポーツ。6人制のバレーボールとは違って灼熱の太陽の中砂の上で試合を行います。

とても過酷ですね。そんな過酷なビーチバレーをする選手の中で注目を浴びている1人の選手がいます。村上めぐみ選手です。

今回は『村上めぐみ/ビーチバレーは結婚は?家族やプロフィールまとめ』と題して、調べていきます。

スポンサーリンク

村上めぐみ結婚は?

村上めぐみ選手の結婚情報を調べてみましたが、公表されている情報はありませんでした。彼氏の情報もありませんでした。

2008年のシーズンからビーチバレーに本格的に取り組んでいます。

上達が目に見え2009年の国体、JBVツアー(日本ビーチバレー連盟主催大会)、ビーチバレーアジア選手権などで活躍を納めています。

今は東京2020オリンピックでのメダルが優先になっているんでしょうね。

スポンサーリンク

村上めぐみ家族

村上めぐみ選手の家族を調べてみましたが、家族の詳しい情報はありませんでした。最近公開されていませんが、一時期村上めぐみ選手が公開していたブログには父親、母親、お姉さんの3人が紹介されていました。

村上めぐみ選手の誕生日の際は、村上めぐみ選手の父親が一番最初にメールを送るんだそうです。しかもフライングだったんですって^^村上めぐみ選手がブログに書いていました。最愛の娘だってことがわかりますね。

村上めぐみ選手の父親の顔はわかりませんが、楽しんでメールしている姿が浮かんできそうです。

スポンサーリンク

村上めぐみプロフィールと経歴

プロフィール

名前:村上めぐみ

生年月日:1985年9月14日

身長:165㎝

体重:55㎏

血液型:B型

出身地:福井県越前市

利き手:右

所属:上越マリンブリーズ→株式会社オーイング

ホームビーチ:平塚ビーチパーク

種目:女子ビーチバレー

代表歴:東京オリンピック女子ビーチバレー代表

好きな音楽:平井大、AI、ONE OK ROCK

村上めぐみ選手は小学生時代よりバレーボールを習っていました。中学時代、高校時代はキャプテンを務めチームをまとめていました。

村上めぐみ選手は大学時代、体育教師になりたいと夢を持ちながら勉強をし、バレーボール部に所属していました。

村上めぐみ選手はビーチバレーは遊びでした経験はなかったのですが、友人で仲の良かった元ビーチバレー選手の金田洋世さんに誘われ、新潟県にある社会人チーム【上越マリンブリーズ】のテストを受け入団。

本格的にビーチバレーをやったことはなかったものの、バレーボールの基礎があってしっかり今まで努力してきたから入団できたんでしょうね。

村上めぐみ選手は2008年から金田洋世さんとペアを組み大会に参加。2009年10月には国体本戦で優勝。金田洋世さんとのペアでたくさんの大会にて優勝してきました。のちに金田洋世さんは引退。

村上めぐみ選手は何度かペアの組み換えがありました。

歴代ペアは金田洋世・藤井桜子・浦田景子・石井美樹です。

現在は石井美樹選手とペアを組んでおり、東京オリンピックにおいてのメダル獲得を目指しています。村上めぐみ選手と石井美樹選手は2人ともビーチバレー選手としては小柄で『世界最小コンビ』呼ばれています。しかし、『まるでニンジャのようだ』と2人のスピード感あるプレーを見て世界から称賛を浴びています。

小柄を武器に素早く動く工夫をしているのでしょうか。持ち味を最大限に生かしてプレーをされているのですね。素晴らしいですね!!

スポンサーリンク

村上めぐみ学歴

 

この投稿をInstagramで見る

 

Erika Habaguchi(@erikahabaguchi0907)がシェアした投稿

  •  小学校:南中山小学校
  • 中学校:南越中学校
  • 高校:福井県立福井商業高校
  • 大学:大阪国際大学

2019年10月15日には母校南中山小学校に来校しています。来校されると聞き、子供たちは驚きとてつもない喜びを感じたのではないでしょうか。

中学校は南越中学校出身です。中学時代はバレーボール部の主将でした。チームの中心選手で相当な努力をされたとのことで、キャプテンに選ばれています。

高校時代を過ごした福井県立福井商業高校でも高校時代もバレーボール部に所属し中学時代と同じでキャプテンを務めました。バレーボールの名門校であると同時に野球でもプロの選手を輩出。バレーボールでは福井商業高校からは村上めぐみ選手だけなんだとか。中々プロになるのは難しいのに日本代表にもとはかなり難しいですね。村上めぐみ選手すごいですね!!

大学は大阪国際大学人間科学部スポーツ行動学科を専攻していました。大学でもバレーボール部に所属しており、体育教師を目指していました。村上めぐみ選手の体育教師姿も見てみたいですね!努力されているからきっと授業もわかりやすそうですね。

ビーチバレーを始めたきっかけは大学卒業後にビーチバレー社会人チームのテストに合格し、始めました。屋内バレーからビーチバレーに転身される方が多いそうですが、一線で活躍するしているなんてすごい努力ですね!!

スポンサーリンク

村上めぐみビーチバレーの成績/世界ランキング

 

この投稿をInstagramで見る

 

Megumi Murakami(@megumimurakami0914)がシェアした投稿

村上めぐみ選手の成績と世界ランキングを見ていきます。

主な国内大会成績

  • マイナビジャパンビーチバレーボールツアー2019 第1戦平塚大会 ガラナ・アンタルチカ杯 優勝・第7戦名古屋大会 優勝
  • JBVシリーズ2020 ジャパンビーチゲームRフェスティバル千葉2020・ビーチバレー千葉市長杯 優勝 第2回ビーチバレー品川オープン 準優勝
  • ジャパンビーチバレーボールツアー2020サテライト 碧南大会大石カップ 優勝 横浜大会残波カップ 3位
  • マイナビジャパンビーチバレーボールツアー2020 立川立飛大会 優勝

 

主な国際大会成績

  • 2019アジアツアー サラミオープン 準優勝
  • 2019アジアツアー カントーオープン 優勝
  • 2019AVCアジアチャンピオンシップ 5位
  • FIVB WORLD TOUR 2019 デン・バーグ4star9位
  • FIVB WORLD TOUR 2019 シドニー3star5位
  • FIVB WORLD TOUR 2019 厦門4star9位
  • FIVB WORLD TOUR 2019 クアラルンプール3star5位
  • FIVB WORLD TOUR 2019 モスクワ4star9位
  • FIVB WORLD TOUR 2019 チュトゥマル4star5位

現在の石井美樹選手とのペアでは世界ランキング32位(2019年時点)、国内ランキングは1位になっています。

国内ランキングはすごいですが、世界ランキングも32だなんてきっとすごいんでしょうね!

村上めぐみ選手は身長が165㎝、石井美樹選手は172㎝で女子ビーチバレー界の中では背は高くはなく『世界最小コンビ』といわれています。

背は高くないものの、屋内でのバレーボールと比べると縦横1m狭いコートに2人だけで戦うビーチバレー足場が悪い砂浜では背が低いほうが体の重心低く軸がブレずに安定するため、村上めぐみ選手と石井美樹選手は背が低いこともうまく使うことができます。

背が他の選手に比べ低いと損なのかと思いましたが、低いということも武器になるんだなと試合が楽しみになりました^^

村上めぐみ選手自身も『重心がどこにあるか分かった上で、どのくらい踏ん張るかを決めて、スムーズに動けるように意識しています。』とコメントしていますよ。自分自身の体のつくりをしっかりわかっているから素晴らしいプレイできるんですね!!

スポンサーリンク

まとめ

今回は『村上めぐみ/バレー(ビーチ)は結婚は?家族やプロフィールまとめ』と題して調べてみました。

東京オリンピック2020に村上めぐみ選手と石井美樹選手ペアは国内最強です。私にとってはじっくり観たことがないビーチバレー。貴重な試合を東京オリンピックで観ることができます。活躍されるのが楽しみですね!

東京オリンピック2020を楽しみましょう!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました